板金塗装のやりがいは達成感

修理の仕事はとても手間がかかり、技術も要求されるので大変な仕事である。
難しい仕事であるからこそ、ひとつひとつの作業を確実にこなすことが大切で、それが達成できるときにやりがいを感じるものだと思う。
修理をするお店によって直接お客様に対応することもあり、お客様から自分の仕事を評価してもらえることは頑張れる理由となる。
そういった喜びは作業にフィードバックでき、仕事の質を高めていく意欲となる。
お客様の顔を浮かべて仕事をすることは、非常に大切な事だと思う。
細かい気配りや、丁寧な作業の積み重ねは仕事の完成度へとつながっていくので効率もよくなる。

難しい作業と向き合うだけでは、なかなかうまく行かないこともでてくるが、自分だけではなくほかに作業する人への気配りなども重要なことで、視野を広げることで仕事の対応力を身につけることにつながると思う。

板金塗装は作業を分担することが多いので、作業について認識を共有することが必要だ。
修理の内容に応じて、細かく作業の指示を確認しあい、お互いの作業の割当を考えて効率よくすすめていくことが大切です。
その意識をもつことでコミュニーションをはかることができ、チームワークが築けるので、ひとつの仕事でも達成感をまわりの人と一緒に味わう事ができる。